未来実感ラボ

Tweet  
2014年9月30日更新(凡例漏れを訂正)  池田誠作成

結果をまとめると、①人口は69億人~127億人、②GDPは280~1010兆ドル、
③一人当たりGDPは2~14万ドル、④一次エネルギーは現在と同じ~5倍と大きな差がある。
この中で、注目すべき点は、
⑤一人当たりGDPが最高の14万ドルと現在の日本の5倍程度になることを想定するSSP5は、石炭・石油・天然ガスと原子力に最も依存している。人口が74億人と比較的少ない予測は、所得が最も高いので出生率が低下することを反映している。
⑥ピークオイル説と両立するのはSSP1とSSP4である。⑦温暖化のRCPとSSPsの関係は不明である。